雇用されずに生きる方法が自由を引き寄せる

Sponsored Link


■今後の人工知能の進化の影響とは

 急速に進化しつつある人工知能は、先にもふれたように今後も人に代わって様々な分野で業務を担うようになります。しかし人工知能の導入以前に、既にコンピュータの存在は多くの仕事を担ってきています。これはホワイトカラーにおける業務分野においては顕著に現れており、今後、企業体は多くの人員を確保しなくても、大きな資本を動かすことに成功することになります。


 よって今後も、仕事は減少傾向をたどることになります。ホワイトカラーのイスは確実に減少し、その一方で、低賃金重労働の派遣業務や軽作業の仕事がさらに増加します。


 また、運良くホワイトカラーの仕事を得たとしても、多大な責任と長時間労働、サービス残業などの過酷な業務を強いられる可能性が高くなります。


■月10万円生活に存在する職業選択の自由

 さて、あなたはそんな労働形態が一般化する今後において、月10万円生活を手に入れたとしましょう。月10万円の支出で生きることができるわけですから、最低月10万円の収入さえ確保できれば、生活を維持することが可能となります。


 月10万円を得るためには、低賃金労働であったとしても月の半分程度の労働でなんとかなるはずです。しかも無理な残業もなければ過度な責任を背負わされることもないはずです。よってあなたには、一般的なサラリーマン以上の自由な時間ができているはずです。


 そこでこの時間を有効活用し、雇用されることなく得られる収入源を追求することが可能となります。大きな収入を目指した起業ではなく、小資本でも始めることができるビジネスを、試行錯誤して育てていくことが可能となるのです。


■雇用されずに得られる収入源のメリット

 雇用されずに得られる収入源を持つことのメリットは数多く存在します。まずは、働き方を自分でコーディネートできるという点があります。たとえば、自宅で完結できるビジネスを始めることで、自由な時間の中で仕事をすることができるはずです。


 また、自分で始めるビジネスですから、収入の目標もまたご自分で設定することができるはずです。月10万円程度の収入を効果的にえるビジネスを行うことができます。一方で、ビジネスを徐々に大きくしていくならば、収入に上限がありません。サラリーマンの場合、年収を自由に上げていくことはできませんが、自分のビジネスであれば、収入をどこまでものばす努力を重ねていくことができるわけです。


 さらには、自分で作り出した仕事であるわけですから、解雇されることも、定年で職を失うこともありません。


 自らビジネスを育てるのは、決して楽な道ではありませんし、すぐに思い通りの収入を得られることも難しいでしょう。しかし、自ら作り出した時間の中で、自分の夢を追うことは、サラリーマンとして仕事をすることでは得られない大きな夢や生き甲斐を見いだすことができるものです。


 月10万円生活で多くの時間を手にしたのであれば、その時間を使いながらも、自身で生きていくことのできる雇用されることのない収入源の追求を、是非ともスタートしていただければと思います。そこには、さらなる自由の世界があることに、きっと気づかれることでしょう。




Sponsored Link