PCや家電、ゲーム機は専門のリサイクルショップを活用する

Sponsored Link


■ジャンクPCを破格で入手する

 最近では、PCや家電などに特化したリサイクルショップが全国にチェーン展開しています。これらのショップでは、デスクトップPCやノートPC、各種AV機器などを安価で購入することができます。また、ジャンク扱いの物であれば破格での入手が可能です。


 ジャンクの場合、壊れていたりまともに動作しない物もありますが、ちょっとした修理によって十分に使用に耐えるものも少なくありません。


 たとえばこの手の店舗では、ジャンク扱いのノートPCが3000円程度で売られていたりします。ハードディスクが初期化されていてOSはありませんが、500円程度でメモリを購入して増設するとともに、LinuxなどのフリーのOSをインストールすることで、案外快適に利用できる場合も少なくありません。


■壊れているジャンクは簡単になおすことができる

 これらの店舗には、AV機器もジャンク品が多く取り扱われています。中には「電源入らず」との札が貼られて1000円程度で販売されているものもあります。また、「CD読み込まず」とかかれているCDプレイヤーなどもあります。つまり、壊れているわけです。


 壊れているわけですから、破格なのは当然なのですが、多くの場合、故障個所は限られてるものです。よってある程度慣れてしまえば、これらの製品は簡単になおすことができたりするものです。


 たとえば、電源が入らない機器の多くは、電源回りのコンデンサーが劣化している場合が少なくありません。同じ規格のコンデンサーを100円程度で入手して交換すれば、問題なく電源が入る物が少なくないのです。


 また、CDやDVDを認識しない機器の多くは、ディスクの駆動部分のゴムが劣化していたり、レンズ部分が汚れているだけという場合が少なくありません。同規格のゴムは100円程度で入手できますし、レンズは綿棒があればクリーニングが可能です。


 壊れたことにより手放したものでも、実はちょっと手を加えるだけで、十分に使える場合が少なくないわけです。なお、修理方法については、インターネットを検索することで数多く手軽に調べることができます。


 この行程に慣れてしまえば、PCやAV機器、家電などについては、破格で入手することができるわけであり、高額の出費を回避しながらも、あなたの10万円生活に華を添えることができるわけです。




Sponsored Link