お金を使わない生活に慣れ親しむ重要性

Sponsored Link


■買い物=レジャーの家庭にお金は残らない

 あなたは家族でショッピングといった週末の過ごし方をされた経験をお持ちのはずです。家族で多くのお店を回り、商品を両手いっぱいに抱えて疲れて帰宅します。買い物は欲望を満たす上で最適な時間の過ごし方と言えます。ところが、ショッピング=レジャーといった週末の過ごし方が一般化しているご家庭の多くは、家計に問題があるとの数値もあるようです。


 レジャーで買い求める物の多くは、必要不可欠なものではなく、欲望を満たすものであることが少なくありません。つまり、その日に購入したすべての物を、たとえ購入しなかったとしても、生活にはなんら困ることがない場合が少なくないわけです。


 さて、週末のショッピングによって購入した物の総計が2万円であったとしてます。しかしこの2万円の支出は、生活を豊かにするのではなく、むしろその後の家計を圧迫することになります。また、家計が圧迫されるわけですから、貯蓄にも手が届きません。


 毎月安定した収入を得ながらも、貯蓄ができなかったり、生活が楽にならないというご家庭の多くは、このようなお金を使っていることが少なくないわけです。


■お金を使わない週末や休日の過ごし方

 さて、では週末にもお金を使わない過ごし方はないでしょうか。ショッピングに出かけて買い物をして、レストランで食事をする以外、楽しめる場所はないでしょうか。


 これについては、あらかじめしっかりと考えておくことで、いくらでも発見することは可能です。たとえば、サンドイッチやおにぎりを作って、身近にある自然を楽しんだり、サイクリングに出かけたりといったことでも、十分に楽しむことができるはずです。


 また、自宅で録りためた映画や番組を観たり、ゲームを楽しむのも良いかもしれませんし、図書館に出向いて自分磨きの自己啓発を行ったり、興味のある書籍に目を通すのも良いかもしれません。


 あらかじめお金をかけない週末の過ごし方を、ご自分なりに見つけておくと、週末においてもまったくお金を使うことなく、リフレッシュを行うことができるものです。


「でも、たまには温泉とかにもつかりたいしなぁ」と、思われるのであれば、最近では露天風呂を備えたスーパー銭湯はいかがでしょうか。東京のスーパー銭湯は2000円以上しますが、地方都市では400円から700円程度で一日のんびりと過ごすことができます。


「旅好きなので週末は旅もしたい」とおっしゃるのであれば、自転車やスクーターで遠出をしたり、深夜バスをつかって遠方へと赴くのもいいかもしれません。車を所有されているのであれば、車中泊を楽しまれることで、安く旅を楽しむこともできることでしょう。


 このように、お金をあまりかけない遊びをあらかじめ自分のものにしておけば、意外にも楽しみ方は広がるものなのです。




Sponsored Link