電話番号や基本料金が無料のIP電話を活用する

Sponsored Link


■電話サービスのコストをゼロに近づける

 最近では、固定電話を用いない方が多くなってきているようです。特にひとり暮らしの人の場合、電話はスマホがあれば事が足りることから、あえて固定電話を敷く必要性がありません。また、家族や親しい友人、知人とはLINEでメッセージをやりとりしたり、電話機能アプリを用いることもできることから、スマホの電話機能さえ用いる機会は極めて少なくなりつつあります。


 ただし、業者に問い合わせをしたり、宅配便の荷物の到着連絡を受けたりと行った場合、電話番号を持っていないと不便と言うこともあることでしょう。このため、多くの方が大手キャリアを用いることで、ネット接続+電話機能を契約しているわけです。


 昨今では、IP電話サービスを活用することで、無料で電話番号を取得するとともに、基本料金無料でその電話番号による受発信が可能となることから、通信費を最小限におさえたいとするユーザが広がりを見せ始めています。


■そもそもIP電話とは

 IP電話とは、インターネットの通信手順であるIP(InternetProtocol)を用いることで、通話を成立させた電話サービスといえます。世界を網羅するインターネットを活用することで、地球上であればシームレスで通話をやりとりすることが可能となります。また、これを各国の電話公衆網に接続することで、固定電話などとの会話を実現します。サービス実現にインターネットを活用することから、新たに回線網を構築する必要がなく、よって格安の通話料金設定が可能となるといった特徴を持ちます。


■IP電話サービスの特徴

 IP電話サービスは、これを提供する通信業者や品目などによっても価格は異なりますが、サービスの多くは基本料金を必要としません。また、インターネットを介しての申し込みも可能であり、無料で050から始まる電話番号を取得することが可能となります。


 このため、電話は受けることが多く、自分から発信することはまずないという方であれば、IP電話サービスに契約をすれば、電話番号維持コストはゼロということになります。


 電話をかける場合、料金が発生しますが、通話料も安価でありちなみに30秒8.4円程度、海外との通話では、国内よりもむしろ安価な価格設定がなされていることもあります。


■格安SIM+IP電話で月の通信費を500円以内に

 昨今話題の格安SIMの中でも、基本的な品目は、データ通信機能のみで通話機能を含みません。月500円以内でインターネットへのアクセス環境は得られるものの、これには電話番号がないわけです。「これでは何かの際に電話連絡を受けることができない」という場合には、格安SIMを契約した上でIP電話サービスを利用することで、無料で電話番号を取得することができます。電話をかけたり受ける場合には、専用のアプリをインストールすればよく、つまり月500円以内でもインターネットアクセス環境に加えて電話番号を持つことができるわけです。


 なお、格安SIMの場合、通信速度は300kbps程度におさえられていることから、通話など可能なのかとご心配の方も多いようですが、格安SIMであったとしてもほぼ遅延なくクリアな通話をすることが可能です。


 月10万円生活においては、支出は極限まで減らす必要がありますが、格安SIM+IP電話は、この必要性に十分応えてくれるサービス活用法だといえそうです。




Sponsored Link