月10万円生活をYouTubeの収益で実現することは可能か

Sponsored Link


 YouTubeに人気が集まっています。最近では小中学生がスマホでYouTubeを観ている光景も、決して珍しい事ではなくなりつつあります。また、小中学生を対象とした将来なりたい職業ランキングの中にも、YouTubeに動画を配信することで収益を上げて生活をするYouTuberの存在が挙がるなど、その人気ぶりは、少々過熱気味の感もあります。


 しかしこれほどまでに人気があるわけですから、その流れに乗るというのも手ではあります。


 今回は、月10万円生活をYouTubeの収益で実現することは可能かというテーマにおいてお話を進めていくことにしましょう。


■YouTubeの収益化方法

 YouTubeは、いわゆる動画配信サイトであり、誰もが無料でアカウントを持ち、動画を観ることも自ら動画をアップロードして公開することも可能です。最近では、幅広い分野の動画がアップされており、知りたい情報を動画で得ることもできるようになっています。


 また、YouTubeに動画をアップして公開することで収益を得ることも可能です。公開した動画には、広告を貼りつけることが可能であり、ユーザがこれを閲覧したりクリックすることで広告収入を得ることができるわけです。


 広告収入は、再生回数や再生時間が増えれば、それに比例する形で増大します。よって人気の配信者となれば、多くの収益を得ることができることになります。


 実際、トップYouTuberと呼ばれる人々の中には、年収数千万以上の人々もいます。また、世界のトップYouTuberは、実に日本円換算で年間数百億円の収入を得ているそうであり、まさに夢の世界がそこにあるといえます。


■第一の壁となる収益化条件

 YouTubeは、誰もが無料で利用できるサービスですが、収益化には条件が付帯しています。最新の収益化条件は2018年2月に設けられたものですが、以下の2点をクリアする必要があります。


 ・チャンネル登録者数が1,000人以上


 ・過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上


 配信者のチャンネルの登録者数が1000人以上でかつ、過去12か月間の総再生時間が4000時間とならなければ、収益化のための審査を受けることができないわけです。


 ちなみに、全チャンネルの中で登録者数が1000人を超えるのは、わずか10%程度といわれています。つまり現状、全YouTuberの10人中9人を抜き去らなければ、1円たりとも収益を得ることはできないということになります。


■第二の壁となる月10万円までの道のり

 チャンネル登録者数1000人、年間総再生時間4000時間をクリアしたとしても、この段階で得られる収益は数千円程度とされています。よってこれでは月10万円は程遠いと言わざるを得ません。


 さて、では月10万円の収益をYouTubeで上げるためには、どの程度の実績を上げる必要があるのでしょうか。


 YouTubeの広告単価は、コンテンツ内容や動画時間によっても異なりますが、仮に1再生当たり0.2円の収益を見込めたとすると、月10万円を実現するためには、毎月50万再生を維持しなければならないことになります。つまり、1日あたり1万7千回再生されるチャンネルを持つ必要があるわけです。


 これはあくまでも単純計算であり、諸条件によっても異なることでしょう。しかし明らかに言えるのは、多くのユーザをファンとして抱えるチャンネルやコンテンツでなければ、これらの再生回数を得ることは難しいという点でしょうか。


 一見華やかな世界に見えるYouTubeではありますが、実際にそれで生活をしていくとなると、かなりハードルが高い世界といえます。


■壁はあれど不可能な話ではないYouTubeによる月10万円

 これまでYouTubeの厳しい現状を説明していきました。しかしこのサービスで月10万円程度の収益を得ることは、一般にも不可能な話ではありません。


 というのも、動画をあげている方の多くが、YouTubeに特化したマーケティングリサーチを全く行うことなく、他者の真似や自分の世界のみで動画を作成しているからです。


 すでに述べているように、現在YouTubeは高い人気があり、しかも上昇過程にあります。このため、日々新規ユーザの導入は進みつつあります。あくまでも現状ではありますが、市場は拡大傾向にあるわけです。


 このため、しっかりとしたマーケティングリサーチの元で、需要に沿った動画を作成すれば、数本に1本の高い割合において、数千から1万再生程度の動画を作り出すことができます。


 また、これを続けていれば、高評価を得ることも可能となり、YouTube側がお勧め動画としてユーザに紹介してくれる機会も増え、チャンネル登録者数もふえることになります。


 チャンネル登録者数が増えていけば、アップした動画の再生数も上がりやすくなり、毎回の動画に1万回程度の再生数を得ることは、実はそんなに難しくはないのです。また、動画総数が200から300程度に増えてくると、この再生数だけでも毎日数千回程度の再生数を稼ぎ出してくれるようにもなります。


 できれば1年程度のしっかりとしたスケジュールのもとで、とりあえずは収益化を気にせず、マーケティングリサーチとオリジナリティの高いコンテンツ作成に重きを置き、300動画を目指してみてはいかがでしょうか。


 かなり高い確率で、収益化、そして月10万円程度の収入を実現することに成功するはずです。




Sponsored Link