月10万円でも複数台のPCやスマホを手にできる

Sponsored Link


■月10万円生活でPCやスマートフォンの購入は難しい?

 月10万円生活においては、PCやスマートフォンなどを複数利用するのは難しいとお考えでしょうか。確かにPCの一般的な価格帯は、安価なものでも3万円程度、一般には5万円から10万円程度は覚悟する必要がありそうです。


 また、スマートフォンの場合、最新の機種であれば7万円から10万円程度の価格設定がなされているはずです。ただ、スマートフォンの場合、回線契約をすることで、これをほぼ0円で購入できる場合があります。しかしながらこの場合、月々の通信コストとしておおよそ6000円程度を支払い続ける必要があり、決して安い買い物とはならないはずです。これらの金額を見ると、月10万円生活を維持しながら、複数台のPCやスマホを所有することは難しいと思われるのはむしろ当然のことでしょう。


■市場を漁れば激安PCは多く存在する

 加速状態にある技術革新は、高性能な製品を低価格で提供することを可能としてきています。たとえば、自宅でWebブラウジングやSNS、メールやメッセージのやりとり、動画の視聴などを行う程度であれば、PC自体のスペックに配慮する必要性はあまりありません。


 テレビのHDMIポートにさして用いるスティックPCであれば、1万円以内でも購入は可能です。また、タブレットであれば数千円程度での購入も可能です。これらはキーボードが付属していませんが、bluetoothキーボードは2から3000円程度で購入可能なので、これを用いることで文書作成などの用途にも対応することができます。


 また、中古市場を漁ることで、デスクトップPC本体を5000円程度で購入することもできます。中古PCの場合、ハードディスクが初期化されており、OSをインストールする必要がありますが、LinuxなどのフリーOSをインストールすることで、すべての用途を満たすPC環境を得ることもできるのです。昨今のPCは、高性能とはいえ、高価なものではなくなってきているわけです。


■スマートフォンの新品並びに中古市場価格

 大手キャリアを介して提供されるスマートフォンを見ると、その多くが7万円から10万円程度の価格設定がなされています。これらは回線契約をすることで、ほぼゼロ円での購入が可能となりますが、その一方で大手キャリアの通信料として月6000円程度のお金はかかることになります。一方で、キャリアに限定しないSIMフリー端末を、最近では1万円程度で購入することができるようになってきています。格安機種の場合、スペックは最新機種に見劣りはするものの、なんら支障なく一般的な利用が可能です。これに格安SIMを入れて用いるならば、月のコストも数百円程度であり、非常に安価にスマートフォンを活用することができます。


 また、最近では中古市場も活況を呈してきており、スマートフォンや携帯電話の中古販売サイトでは、2000円程度から各種メーカーの中古品を購入することが可能です。


■格安のPCとインターネット接続環境で収入源を確保する

 現在の高性能なPCやスマートフォンを、格安で購入することが可能となったことから、月10万円生活においても、これらをフル活用することで、新たな収入源を確保する道を模索することが可能となっています。


 インターネット上には、収入源実現のための様々なサービスが存在します。情報発信側に回り広告収入を得ることも、フリーマーケットやオークションサイトを用いて、商品を販売することも可能です。また、クラウドファンディングを活用して資金を集めることも可能です。これらのサービスは、最低限スマートフォン一台でスタートすることが可能であり、しかもそれを数千円で購入することができるのは、実にありがたい環境であるといえそうです。




Sponsored Link