月10万円生活の多岐にわたるメリット

Sponsored Link


■月10万円生活で積上がり続ける貯蓄

「月10万円で生活するメリットなんかあるの?」と思われる方も多いかと思います。しかしこれには、多大で多岐にわたるメリットがあります。


 月10万円生活は、いうなれば年間120万円程度のコストで生きることといえます。しかし実際には年収がいくらの方であっても、十分に実行する価値があります。


 たとえば、あなたがまだお若く、それでいて独身の方であるならば、そしてあなたの年収が現状250万円であったとしましょう。すると、年間収入が250万円であるのに対して、支出が120万円ですから、年間130万円の貯蓄ができることになります。つまり、年収のおよそ50%以上もの額を貯蓄に回しつつ、それを毎年積み上げることができるようになります。よって2年働くことで、1年以上の生活を働くことなく生きることのできる環境を作りつつ、これをさらに拡大していくことができることになります。


■月10万円を得るための労働とは

 貯蓄よりも時間を欲するのであれば、たとえばあえて非正規労働者やフリーターとなり、月にしておおよそ10万円程度の収入を得ながら夢を追ったり、ありあまる時間を、これまでやりたかったことに費やすことも可能となります。


 ちなみに、実質月10万円を得るためには、どの程度の労働を必要とするでしょうか。時給1200円程度での労働においては、1日8時間で10日程度働けば得られることになります。しかも、非正規労働者やフリーターの場合、きっちりと決められた時間を働けば、その分の給与を得ることができます。また、重い責任を負わされることもありません。つまり、1ヶ月あたり20日程度の自由な時間を得られることができることになります。


 また、月10万円程度の仕事であれば、スキルや学歴、年齢に関係なく、比較的容易に得ることができるはずです。仕事内容は決しておもしろいものではないかもしれませんが、生活を維持するためと割り切って、月10日程度働き、その他の時間を自分にとって有意義な時間に使うと考えれば、そんな労働も十分に意味のあるものとなるはずです。


■月10万円生活で得られる自由な時間

 現在のサラリーマンは、雇用主からの理不尽な要求に応える必要があるはずです。せっかく得た社員の立ち位置を手放したくはないからです。このためサービス残業に耐えながらも重い責任を背負う必要があることでしょう。


 しかし、どのような仕事でも良いと割り切れば、月10万円を得るための手段はいくらでもあります。日雇い労働でさえ、月10万円は容易に作り出すことができるのです。


 また、月10万円であれば、現在では働くことなく作り出すことも可能です。たとえば、フリーマーケットで売買をすることで収益を得たり、ネットにサイトを持つことで広告収入やアフィリエイト収入を得ることで、雇用されることなく月10万円程度の収入を得ることに成功している人は、現在では決して少ない数ではないのです。


 よってもし、過酷な労働を強いられており、しかもそのために一度しかない貴重な人生の時間の多くを、やりたくないことに費やしているのであれば、月10万円生活を実現することで、失うはずの時間を手放すことなく人生を全うすることができるかもしれないわけです。




Sponsored Link