月10万円生活のための固定費の徹底した見直し

Sponsored Link


 固定費とは、若干の価格差はあるものの、毎月確実に発生する生活のためのコストという事ができます。たとえば、家賃や光熱費、通信費などを挙げることができるでしょう。これらを銀行引き落としにされている方も多いはずですが、固定費部分はあなたが得たお金の中から無条件で右から左へと消えていくものといえます。まずはこの部分の抜本的な見直しを行い、日々無条件に出ていくお金を限りなくゼロへと近づけることが必要です。


■最も負担の大きい固定費から改善を図る

 固定費において最も大きなものは、家賃と言えます。ちなみにあなたの家賃はおいくらでしょうか。


「ワンルームで月7万円。管理費や光熱費を含めると毎月9万円かかっている」


 首都圏などにお住まいの方であれば、この程度の固定費がかかっているはずです。しかし毎月9万円では、月10万円生活において使える額は1万円となり、とても難しいことになります。


 この場合、現在お住まいのマンションを出る必要があります。最も手っ取り早いのは、実家に身を寄せることです。実家であれば家賃を無料とすることができるかもしれませんし、支払うとしても2万円程度でご両親と折り合いをつけることも可能となることでしょう。9万円の固定費を2万円にまで圧縮することができれば、残り8万円となり、十分に実現の道が見えてきます。


 また、実家は遠方であり、戻ることは難しいという方の場合は、安価なアパートへ転居するか、もしくは友人知人とのシェアハウスなどにより、家賃を圧縮するなどの方法もあります。


 首都圏や大都市圏などでの生活をあらため、家賃の安い地方へと移転することも選択肢のひとつです。ちなみに、地方都市のワンルームやアパートでは、家賃2万円程度でバストイレ付きの物件があります。光熱費含めて3万円程度で暮らすことは不可能ではありません。


「地方では仕事に通えない」という方も少なくないはずです。しかし、月10万円生活を実現する上で、現在の仕事は果たして継続する必要があるか否か。この部分にまで踏み込んで環境を見直してみることも必要かと思います。




Sponsored Link