月10万円生活の実現で救われる多重債務の人々

Sponsored Link


■多重債務は自己破産によって免責できる

 あなたは現在、多額の債務に頭を抱えていらっしゃらないでしょうか。日々必死に働いているのに、稼いだお金は債務の返済へと流れ、常に困窮した生活を送ってはいませんでしょうか。もしそんな状態に陥っているのであれば、その状態はいち早く回避すべきです。返済に追われた日々の中では、決して幸せや自由をつかみ取ることは難しく、豊かな人生を歩む上で、借金は大きな足かせとなるものだからです。


 借金返済の日々から抜け出すための方法は、いくつか存在します。まず第一には、自己破産を申請し、借金の免責を受けることです。専門の司法書士、もしくは弁護士に依頼すれば、申請を出すことが可能ですし、その段階で債権者からの取り立ては停止します。あとは裁判所によって免責を受けることで、借金をゼロとすることができます。


 以降7年間、クレジットカードなどを作ることはできませんが、現在ではデビッドカードなども利用できるので、大きな支障はないはずです。また、自己破産を受けたからといってそれが職場などにしれることはまずありません。ただし、弁護士や司法書士、警備員など、免責を受けるまでの間に、就労できない職種があるので、この辺の確認は必要となります。


「それだけはなんとしても避けたい」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。自己破産をしなくても、司法書士や弁護士を介して債権者との協議を行い、返済額を減額することも可能です。これを任意整理と呼びます。ただしこの場合も、以降、カードなどを使うことはできませんが、不動産などの自己所有の資産を守りながらも、返済額を低減させることができるようです。


■月10万円生活で自己破産をせずに再生の道を歩む

 また、借りた金なので自分で支払っていきたいとおっしゃるのであれば、返済額をそのままに日々の生活を楽にする方法もあります。これが月10万円生活です。


 月10万円生活には、意識改革や支出環境の抜本的な改革が不可欠となり、ある程度の時間も要するものです。しかしこれを実現すると、日々の生活はぐっと楽になるはずです。


 たとえば、現在300万円の多重債務を抱えたあなたの年収が250万円。月々の返済額がおおよそ6万円であったとします。年収250万円の場合、手取りは17万円程度でしょうか。この中から6万円を支払うと、残りは11万円となります。あなたは日々困窮した状態が続いているはずです。


 しかしもし、月10万円生活を実現することができれば、単純計算で年間150万円以上を返済に回すことが可能となります。金利を含めても、2年と少しの時間があれば、あなたは多重債務から抜け出すことが可能となるはずであり、しかも、その期間において、あなたは生活に苦労することもありません。穏やかに流れる時間の中で、2年少々を過ごしていると、借金はゼロとなるのです。


 月10万円生活を実行すると、お金を使うことは最小限となります。また、固定費も徹底的に見直すことから、車でいえば究極のエコ運転モードとなります。しかしそれでいて、日々ストレスを抱えることもありません。支出が少額になることから、月末には


 驚くほどの金額が口座に残ります。それを毎月、債務返済に充てていけば良いだけです。


 是非とも、月10万円生活をお試しいただければと思います。




Sponsored Link