月10万円では生活できないと多くの人が考える理由

Sponsored Link


■多くの人が月10万円で生活できない理由

 本サイトでは、月10万円生活について、その価値や実現方法についてまとめていますが、では、あなたは実際に月10万円での生活は可能だと思われるでしょうか。


「手取り20万円でも厳しい。10万円での生活などできるはずはない」と、そのように思われているかもしれません。では、逆に質問ですが、なぜ月10万円で生活はできないのでしょうか。実はこれには複数の要因が存在します。


 まず第一に、私たちが資本主義社会に生きているという点を挙げることができます。資本主義社会においては、お金が流通することにより繁栄がなされています。資本家は、いかにしたら市場にお金が流れるかを考えます。よって、私たちの世界には、よりお金を使うような啓蒙や仕組みが至る所に仕掛けられています。


 たとえば、私たちは小さい頃から豊かになることを目指すように教育されます。一生懸命勉強をしていい大学へと進学、大手企業に入るように促されたりします。高給を安定して得ることができれば、よりよいライフスタイルを手にすることができます。また、結婚をすればマンションや戸建て住宅を購入することを促され、車の購入を勧められたりします。


 資本家は多くのメディアを通じて、これを消費者に訴えかけます。たとえば、人気女優や俳優を起用し、メディアでその製品がいかにすばらしいものかをCMとして流し続けます。より利便性の高いサービスを提供し、多くの消費者に活用を促します。


 このような情報を日々受けるわけですから、お金を持ってそれを使うことが正しいことであり、より消費額を増やすことこそが、人生における勝ち組であるかのような振る舞いを潜在的に好ましいことであると認識するわけです。


■稼いだお金を使わせる仕掛けの数々

 さて、このような意識に支配されていると、実はお金はなかなか貯まることがありません。たとえ収入が上がったとしても、その分、ライフスタイルを向上させてしまうため貯蓄へと回す余裕がないわけです。


 収入はそのまま支出へと回り、消えてなくなります。よってお金は足りません。しかしお金のない消費者に対しても、お金を使うように促されることになります。ローンや借金です。欲しい物をローンで購入すれば、お金がなくてもすぐに手にすることができます。その一方で、以降長期にわたる債務が、高い金利とともに発生することになります。このため、私たちは働き続けながらも、お金のない生活を余儀なくされることになるわけです。


 私たちは、過酷な労働を強いられ、そして金銭的に不自由な世界の中で拘束されることになり、豊かになることはないわけです。


 このように、資本主義社会において生きる上では、とかくお金を使わされる仕組みが仕掛けられています。このため、何も考えずに生きていれば、多くの企業からの手があなたに延びてきて、あなたのお財布からお金を奪っていくようにできているのです。




Sponsored Link