月10万円生活を可能とするための意識

Sponsored Link


 先に、資本主義社会の仕組みが消費者にお金を使わせていることにふれました。これをふまえた上で、次に月10万円で快適な生活を送るための意識について、考えを深めていくことにしましょう。


■お金が奪われる仕組みから離れる必要性

 これまでの説明からもおわかりのように、私たちは豊かになるため、つまりはより消費を増やすために労働することを、あたかも正しいことのように啓蒙されてきました。


 確かにお金があれば、何でも手には入ります。また、各種サービスも使うことができるので、快適な生活を送ることが可能となります。しかし実は、多くの物に囲まれていなくても、各種サービスを利用しなくても、快適な生活を送ることができます。なぜなら、日本はインフラが整備されており、それを安価で利用することができるからです。


 また、公共施設も充実しており、これらは無料で活用することができます。家の中に必要最低限度の必需品を用意し、無駄な購入を控える、さらにはお金を使いそうな場所で時間を過ごすことを避けるだけでも、資本主義社会の仕組みの中で財布からお金を奪われ機会を最小限に抑えることができるのです。


■月10万円生活の実現に向けて

 これらのことに意識するだけでも、私たちはおおよそお金を使うことのない日々を送ることができます。また、収入を超える支出はなくなります。むしろ収入額の中の一部を支出するだけでことが足りるので、毎月お金が積上がるようになります。


 すると、金銭的に余裕が生まれることになります。当然のこと、生活に困窮することもありません。金銭的に余裕が生まれれば、毎月の仕事にしがみつく必要もありません。


 理不尽な要求に耐え、胃を痛めながら日々就労するのではなく、じっくりと仕事を選ぶことも、新たな可能性にかける自由さえも生まれることになるわけです。


 これまでの説明からもおわかりのように、ちょっとした意識を変えるとともに、資本主義社会の中に仕掛けられた仕組みと距離を置くことで、毎月の支出を大幅に削減することができます。必要にして最低限のものの恩恵を受けながらも、不要な物には手を出さずに、穏やかな生活を送ることに慣れてしまえば、意外にも快適でありながら、月10万円の生活が可能となるのです。




Sponsored Link