月10万円で生きるための決意

Sponsored Link


■準備なしでは実現できない月10万円生活

 月10万円で生きるためには、これまでにもふれているように意識改革や実現のための環境整備が不可欠となります。ちなみにこれまでのあなたは、毎月どのくらいの支出を余儀なくされてきたでしょうか。


「給与が手取りで月20万円程度で、月末には毎月苦しい」


 とおっしゃるのであれば、たぶんは月20万円以上の支出である可能性が高く、足りない部分は債務となっている可能性があります。これを月10万円まで圧縮する必要があるわけですから、節約などといったことでは、とうてい実現し得ないことであることをご理解いただけることでしょう。


「ボクの場合、家賃と光熱費で月10万円は飛ぶんだが・・・」という方も少なくないはずです。住居費のみで10万円かかっている人が、月10万円で生きることはまず不可能であり、このような方も抜本的な環境改善が不可欠です。


 実質的な準備や方法については、本章において明らかにしてまいりますが、その前にまず、お金に対する意識をあらためる意味で、ひとつのお話から始めていくことにしたく思います。それは、現状の生活をそのままでは、月10万円生活は難しいという点です。


■月10万円生活実現に不可欠な決意

 これまでの説明の中で、月10万円生活が実現すれば、さまざまな選択の自由を得ることができることについて各所でふれてきています。しかしこのメリットを、今までの生活を何ら変えることなく実現することは不可能である場合が少なくありません。固定費の一部のみで月10万円が右から左へと流れている方が、それを保持したまま、月10万円で暮らすことは物理的に困難だからです。


 では、この生活は誰もが実現し得ないのでしょうか。いえいえ、その気にさえなれば、誰もが実現可能です。また、その気になるならないに関わらず、月10万円での生活を余儀なくされている方もいます。


 たとえば手取り月20万円の人が、毎月10万円の債務返済状態に陥っていたとします。返済割合からすれば、この方は既に破綻状態だといえますが、それでも必死に返そうとされる場合、残りの10万円で生きるしかありません。つまり、余儀なくされればできるということであり、月10万円生活を実現するためには「絶対実現する」という決意を持つことがどうしても必要となります。


 逆に申し上げるなら、決意さえ持ってしまえば、誰にでも月10万円生活は可能となるともいえるわけです。さて、この決意、あなたは持つことはできますでしょうか。




Sponsored Link