月10万円で生きる方法の取得が必要な理由

Sponsored Link


■月10万円生活の価値

「月10万円生活」と耳にされて、あなたはどのような印象をお持ちになられるでしょうか。


「おおよそ生活ができないレベル」だと、思われるのではないでしょうか。確かに月10万円では、お昼にフランス料理のランチを食べることはできないかもしれません。また、タワーマンションで夜景を見ながらワインを傾けるといったライフスタイルも、当然のこと得ることはできないはずです。


 しかしその代わりに、多くの自由な時間を得ることができます。また、自分の進みたい道に向かって自由に舵を取ることも可能となります。仮に、一般的なサラリーマンの方が月10万円で生き抜く方法を身につけたなら、毎年数百万円の貯金を実現することも可能です。月10万円で生きる方法を身につけることは、それだけ多くの価値を持つものなのです。


■私たちの生活が豊かにならない理由

 昨今非正規労働者の割合が急増してきています。また、正規労働者においても、過酷な労働や重い責任が課せられながら、サービス残業などを強いられ、それでいて賃金の上昇が望めないと行った過酷な労働環境が、日本においては一般的なものとなりつつあります。


「なぜ、これほどまでに頑張っているのに、生活が楽にならないんだろう」と、あなたはふとそんな疑問を持たれたことがおありのはずです。しかしその答を、多くの方は自分に問題があると考えたかもしれません。たとえば「俺には学歴がないから」「これといったスキルがないから」といった形です。


 確かに、世の中には輝かしい学歴や資格を持って、大手企業で働くビジネスマンがいるものです。1000万円を超える年収を得るサラリーマンの存在もあります。そしてそのような人々と比較すれば、自分は劣っているのだから致し方ないことだと考えてみれば、おおよそ筋が通っているように思えてきます。しかしこれは、ある意味正しくもあり、間違っている考え方でもあります。


 働いていないのなら話は別ですが、貴重な人生の多くの時間を労働に充てながらも、生活がままならないのは、あなたではなく雇用形態に問題がある可能性が高いからです。


 現在、法人の7割は赤字決算として法人税を支払っていませんが、その一方で3割の法人は高い利益を上げています。また、その利益は内部留保という形で租税回避地にプールされることになります。その額2000兆円ともいわれています。企業は大きな収益を上げながらも、その利益を労働者に還元することがないわけです。利益をプールしているわけですから、それを支える労働者の生活が楽にならないのは当然のことです。お金の循環が不健全であり、結果として市場にはお金が流通しないことから、慢性的なデフレ状態が続いてきているわけです。


 つまり、まじめに働きながら生活が豊かにならないのは、あなたに原因があるのではなく、現在の日本における資本主義社会の構造自体に問題があるといえるわけです。


■労働者の私たちが見ることになる未来とは

 日本経済は、すでに長期的な好景気を続けているといったアナウンスがマスコミによって流布されています。しかしこの恩恵を受けているのは、資本家の一部や上場企業に勤務するサラリーマン、さらには公務員に限定されているのが実状です。多くの労働者は、過酷な労働を強いられながらも、低賃金にあえいでいます。


 さて、では労働者の環境とは、今後改善を見ることになるのでしょうか。私たちの生活は、かつての高度経済成長期のように、再び豊かになることが可能なのでしょうか。


 これについては諸説あるようですが、雇用状況は今後更に悪化する可能性が高いといえます。そしてそれには、いくつかのしっかりとした理由があります。れについては、追って理解を深めていくことにしましょう。




Sponsored Link