あくまでも自由を優先した月収10万円

Sponsored Link


■自由度が増す月10万円を得るだけで良い労働

 すでにご存じのように、本サイトは「月10万円生活.com」であるわけですから、月10万円を得ることができれば、目的とする経済的にも独立した生活を実現することが可能となるはずですが、あくまでも自由を優先した方法でなければ意味がないと考えています。


 しかしながら月10万円程度であれば、自由を優先しながらも、意外に簡単に得ることができるものです。また、そのためのスキルや経験は、仕事にもよりますがあまり必要がないことから、年齢に問わず誰にでも比較的容易に得ることができるはずです。


 昨今急増を続ける非正規労働者の平均賃金は、年収ベースで250万円だといわれています。一方、月10万円は、年収ベースで120万円ということになるので、平均的な非正規労働者の半分以下の年収があれば、十分にことが足りるわけです。


 非正規労働者の低賃金が問題になる中で、月10万円生活においては、その半分程度の年収を得られれば良いわけですから、その分の労働時間もまた半分程度で事が足りることになります。また、いくつかの収入源を組み合わせることに成功すれば、労働時間はさらに削減することができることでしょう。


■月10万円を得るための労働とは

 月10万円のお金を得るための労働は、日給ベースでいくらになるでしょうか。たとえば1ヶ月に20日労働をすることを考えるならば、1日あたり5000円を稼ぎ出すことができれば達成することができます。これは時給1000円とするならば5時間程度の労働ということになります。最近では地方都市においても、時給1000円程度の仕事を得ることは難しくないことから、求職活動に苦労することもないことでしょう。


 ちなみに、5時間という事は、たとえば早朝から正午までの午前中のアルバイトでも得ることができるかもしれません。ということは、週の5日間は午前中のみ働き、土日は休みという労働スケジュールで得ることができる収入ということになります。一方、1日8時間労働することを考えた場合、1日8000円稼ぐことができることから、1ヶ月13日程度働くことでクリアすることができます。


 最近では、最低賃金の低さが社会問題化してきていることに加え、地域や業態によっては徐々に時給が引き上げられているようですが、時給が高くなれば、その分、労働時間を削減することができます。


 また、夜に働くことで、より高い時給を得るという方法もあります。昼間の時給が1000円程度の仕事でも、それが深夜の場合、深夜手当が付きますから、時給は1250円程度にはなることでしょう。すると10万円を稼ぐために必要な時間は80時間、20日働くことを考えれば1日4時間程度、1日8時間労働なら10日程度働けば10万円を作り出すことができます。このように時給が高くなれば、それに対応して労働時間を削減することができることになります。


■雇われることを超えた収入確保の方法

 月10万円生活においては、最低限、月10万円を得ることができれば良いので、方法はより自由に設定することが可能となるものです。これまでの試算においては、あくまでも雇われて給与をえることを前提にしましたが、最近では複数の収入源(キャッシュポイント)を持つことで、目的の月収を稼ぎ出している人も増加傾向にあります。


 たとえば、インターネット上のフリーマーケットサイトを利用して多様なものを売買することで月数万円を稼ぎ出すことはさほど難しい話ではありません。また、インターネット上にサイトやブログを持っていれば、広告収入で月数万円程度であれば、ある程度のアクセス数を呼び込むことができれば意外に簡単に収益化を実現することができます。動画を配信することで多くのアクセスを集め、収益化をはかることに成功している人も急増しています。


 今後は、インターネットを活用してちょっとした時間の中で収入を得るサービスは、さらに拡大していくことが予想されています。よってこれらの分野にアンテナを張っておくことで、キャッシュポイントを増やしていく方法を得る機会は増していく事でしょう。


 これらのモデルは、それだけでサラリーマンと同等の年収を稼ぎ出すためには、それなりの試行錯誤が必要となるものです。しかし1つのモデルにおいて、たとえば3万円程度を目標とするのであれば、比較的容易に達成できるものも少なくないのです。




Sponsored Link